メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪ねてみました

結崎ネブカの里=奈良県川西町 伝説のネギで町おこし

奈良県の「大和の伝統野菜」に認定されている結崎ネブカ。 出荷の最盛期は11〜12月=奈良県川西町で、小栁津早霧撮影

 <おでかけ>

 室町時代、空から「翁(おきな)」の能面と一束のネギが降ってきた――。こんな言い伝えが残る奈良県川西町は約20年前から、幻のネギ「結崎(ゆうざき)ネブカ」を特産とする町づくりを進めている。旬を迎えたネギ畑を歩き、伝説ゆかりの地を訪ねた。【小柳津早霧】

 地面から伸びる青々としたネギ。柔らかな茎が、途中でぺこりと曲がっている。

 「甘いから虫がよくつく。優しく扱わないと折れる。栽培も出荷も手間がかかる」と上田新吾さん(80)は苦笑いする。折れた部分は変色しやすいため、切り落としてから出荷。農協を通じて県内のスーパーなどへ。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです