メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彫刻家・澄川さん、文化勲章に喜び /島根

テレビ会議システムで東京の澄川喜一さんを祝福する県芸術文化センター・グラントワの職員たち=島根県益田市で、萱原健一撮影

 益田市の県芸術文化センター・グラントワのセンター長を務める彫刻家の澄川喜一さん(89)に2020年度の文化勲章が贈られることが決まった27日、グラントワの職員ら約20人がテレビ会議システムを通して「おめでとうございます」と東京の澄川さんを祝福した。澄川さんも「目が覚めるようなこと。これからも石見地方の文化力向上のため精いっぱいお手伝いしたい」と笑顔で話した。

 澄川さんは吉賀町出身で、05年の開館時からグラントワのセンター長を務める。今年3月には古里の文化振興に役立ててほしいと作品約100点を県に寄贈することが決定。うち12点を展示する作品展が11月30日までグラントワ内の県立石見美術館で開かれている。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです