メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 ドラフト会議 「努力し1軍上がる」 ロッテ育成1・3位に県内高生 /島根

ロッテから育成1位で指名された立正大淞南の谷川唯人選手=松江市大庭町の立正大淞南高で、小坂春乃撮影

 26日にあったプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議でロッテから育成枠1位指名の立正大淞南・谷川唯人捕手(18)、同枠3位指名の開星・山本大斗外野手(18)が同日夜にそれぞれ松江市内の各校で記者会見し、喜びや抱負を語った。【小坂春乃、前田葵】

 谷川選手は「ここから2軍、1軍と上がっていけるよう努力する。ベテランの選手に負けないくらい落ち着いた姿でグラウンドに立ちたい」と意気込んだ。立正大淞南から高卒プロ誕生は初めて。球を受けたい投手に佐々木朗希選手を挙げ「球の勢いやキレが違う。早くそのスピードに慣れたい」と話した。

 3位指名の山本選手は通学電車で時々顔を合わせる。「すごい打撃力を持っていた。同じ山陰から出るが負けないよう頑張りたい」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです