町特産無角和牛、給食のカレーに 阿武 /山口

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阿武町特産の無角和牛を使ったカレーを給食で食べる阿武小の児童
阿武町特産の無角和牛を使ったカレーを給食で食べる阿武小の児童

 阿武町内の全2小学校と1中学校の児童・生徒が27日、町特産の無角和牛を使ったカレーを給食で味わった。町やJA山口県などが作る阿武萩地産地消推進協議会が企画し、無角和牛のバラ肉計約12キロを使った。

 無角和牛は和牛と認められる4種類のうち、唯一県内だけで飼育されている。角がなく、霜降りが少ない赤身肉が特徴だ。1963年に…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

あわせて読みたい

注目の特集