メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/167 コロナ禍の学校/下 遠隔授業は定着するか /四国

 コロナ禍において、学校のICT化は加速しています。特に、遠隔授業(オンライン授業)は大学を中心に実施されており、Zoom(ズーム)を代表とした双方向の授業も一定の成果をあげています。

 一方で、小中高校においては、児童生徒向けの1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備するための施策が前倒しとなって、これも加速していますが、いまだ動きが見えにくい地域もあり、格差が広がっているようです。

 そもそも遠隔授業は、コロナ対策から生まれたのではなく、少子化や過疎化がさらに進み、小規模校が増加することが予想されることや、不登校児童生徒や病気療養児など、さまざまな事情により通学して教育を受けることが困難な児童生徒の学習機会の確保を図るといった観点から検討されてきたものです。コロナという想定外のことで後押しとなっているとしたら、皮肉なものといえるでしょう。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです