給食用に新米寄贈 JA福岡京築が豊前市へ /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊前市に寄贈した新米を手にする久保田部会長(右)と後藤市長
豊前市に寄贈した新米を手にする久保田部会長(右)と後藤市長

 JA福岡京築の豊前地区普通作部会(久保田茂部会長)は27日、豊前市内の14小中学校の給食で地元産の新米を食べてもらおうとブランド米「豊築宝(ゆきほ)」600キロを市に寄贈した。

 豊築宝は、赤土などで栽培する産地指定の夢つくしブランド米。同部会は収穫時期に合わせて毎年、給食用として寄贈を続けており、…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

あわせて読みたい

注目の特集