メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真館 福岡 それ本当にゴミ? 3R目指し、不用品に命 /九州

「ドライヤーはどうかな」「アイロンのほうがいいかも」と座卓の修復方法を相談しあう嬉野洋子さん。長年の経験をかわれて、他のボランティアたちからアドバイスを求められることが多い=福岡市東区で

 コロナ禍でステイホームを迫られ、福岡市が今年度上期に収集した家庭ゴミの量は前年度比で6・6%増となった。これを機に断捨離した人も少なくなかったようだ。でも待ってほしい。手元の不用品は本当にもうゴミだろうか。家庭から持ち込まれた不用品を、創意工夫で生まれ変わらせる施設があると聞き、訪ねてみた。

 福岡市東区の「臨海3Rステーション」。作業場には家庭で不用となったテーブルや棚、タンスなどが置かれ、高齢者たちが相談しながら修理作業に汗を流している。修理された家具や、衣料などは安価で販売される。

 施設は市から委託されたNPO法人「エコネットふくおか」が運営していて、ゴミを減らすリデュース(Reduce)、繰り返し使うリユース(Reuse)、資源として再利用するリサイクル(Recycle)の3R推進を目指している。活動は不用品の再生の他に、マスクづくりの参加型講座開催など多岐にわたる。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです