メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原発処理水海洋放出に反対 被爆2世団体が政府に声明文 /長崎

記者会見する「全国被爆二世団体連絡協議会」の崎山会長

 東京電力福島第1原発の汚染水浄化後に残る放射性物質を含んだ処理水の処分問題を巡り、広島、長崎の被爆者の子どもらでつくる市民団体「全国被爆二世団体連絡協議会」は、海洋放出を検討する政府に対し「核の被害者としてこれ以上の被ばく者を生み出すことは容認できない」との声明文を発表した。

 同会の崎山昇会長は記者会見で「放射線は浴びれば量に応じた健康リスクがあり、薄…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 十両以上の休場者18人に 戦後最多を更新 大相撲初場所

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです