メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

国会には大勢の裏方がいる…

[PR]

 国会には大勢の裏方がいる。衆参両院に籍を置く速記者もそうだ。本会議や委員会の審議を特殊な記号で書きとめ、会議録に起こす。録音技術が普及していなかった1890年の第1回帝国議会から130年続く専門職だ▲現代語の速記術を考案したのは研究者の田鎖綱紀(たくさり・こうき)である。議会開会の8年前に東京で日本傍聴筆記法講習会を開いた。門下生の多くが議会の速記者として採用されたという。その開講日にあたるきょう10月28日は「速記記念日」▲一言一句記録された政治家の発言は公表され、国民の議論を促す。民主主義を下支えしている役割の大きさを痛感する。大荒れの審議でも委員長席の目の前で黙々とペンを走らせる姿が印象的だが、それも様変わりしそうだ▲新型コロナウイルスの影響で、参院では議場に入らず、中継画像を見ながら机上のパソコンに文字を打ち込む。衆院では議場内の隅に席を移し、併せて独自に導入している自動音声認識システムの活用も進める。デジタル化は時代の流れだろう▲各党の代表質問が始まる。「温室効果ガスの2050年排出ゼロ」をどう担保するのか。日本学術会議の人事問題に向き合わないのはなぜか。何より日本をどんな国にしたいのか。菅義偉首相の答弁内容が問われる国会である▲記録をつくる手法は変わっても、政治家のことばが民主主義をかたちづくることに変わりはない。速記者たちは歴史に刻み込もうと発言に耳をそばだてるだろう。実のある論戦を期待したい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです