メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北方領土、プーチン氏「56年宣言で進めよう」 菅氏との電話で言及

 菅義偉首相が9月に就任後初めて、ロシアのプーチン大統領と電話協議をした際、プーチン氏は北方領土問題に関し、2島返還を記した1956年の日ソ共同宣言に触れ、「(両国が)きちんと56年宣言で話を進めていこう」と述べていた。首相が27日、日本維新の会の鈴木宗男参院議員と首相官邸で面会した後、鈴木氏が記者団に明らかにした。

 日ソ共同宣言には「平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡す」と記され、日露が北方領土問題を含む平和条約交渉を進める上で重要な文書と位置づけられている。安倍晋三前首相が2018年11月、プーチン氏と会談した際、同宣言を基礎に交渉を加速させることで合意した。今年9月29日に電話協議に臨んだ菅首相とプーチン氏の間でもこうした方針を引き継ぐことが明確になった。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです