メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米印、衛星データ共有 2プラス2、安保連携を強化

 米国とインドは27日、インドの首都ニューデリーで外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開いた。2プラス2の開催は2018、19年に続き3年連続。両国は近年、インド太平洋地域で影響力を拡大する中国への懸念を背景に、安全保障面での連携を強めている。両国は、防衛協力の一環として機密情報の衛星データなどの共有を可能にする協定に調印した。

 協議には、米国からポンペオ国務長官とエスパー国防長官、インド側からはジャイシャンカル外相とシン国防相が出席。インド軍と中国軍の係争地域での緊張が続く中で開かれた。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです