メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 欧州第2波、猛威 経済打撃「二の舞い」恐れ 社会規制は部分的

夜間外出禁止令が出され無人となったスペイン・バルセロナの繁華街=2020年10月25日、AP

 スペインで25日に再び非常事態が宣言されるなど、欧州で新型コロナウイルス感染の「第2波」が猛威を振るっている。春先の「第1波」より死者数は少ないが、1日当たりの新規感染者数は各国で過去最高を更新し、歯止めがかからない。第1波時の都市封鎖などで経済的ダメージを被った多くの国々は「二の舞い」を避けようと、部分的な社会規制しか打てない状況だ。

 「欧州では今、新型コロナウイルス拡大への対策が遅れている。急加速させなければならない」。世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は26日の記者会見でそう呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです