メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

澄和Futurist賞 ~平和、人・自然なごむ世界へ~ 平和を祈り未来へ一歩 都内で第5回表彰式

第5回澄和Futurist賞の表彰式。右から畠山重篤さん、こまつ座の井上麻矢さん、高橋尚子さん、村石久二・澄和理事長=三澤威紀撮影

 一般財団法人澄和(とわ)は27日、市民目線の平和関連活動に、地道に取り組んでいる個人・団体をたたえる第5回「澄和Futurist(フューチャリスト)賞~平和、人・自然 なごむ世界へ~」(毎日新聞社後援)の表彰式を東京都内で開いた。受賞したのは、走る楽しさを国内外に伝えているシドニー五輪女子マラソン金メダリスト、高橋尚子さん(48)▽植林活動「森は海の恋人運動」を進める宮城県気仙沼市のカキ養殖業、畠山重篤さん(77)▽小説家、劇作家の井上ひさしさんが創設した「劇団こまつ座」(東京都台東区)――の2人と1団体。澄和の村石久二理事長(スターツコーポレーション会長)から表彰状と副賞の100万円が贈られた。

この記事は有料記事です。

残り3752文字(全文4055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです