メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

毎日ユニバーサル委員会 公開シンポ「ともに。~私たちにできること」(その1)

毎日新聞ユニバーサル委員会公開シンポジウムで、「パラリンピックが発展させる共生社会」について話し合うパネリストたち=東京都文京区で14日

 毎日新聞社のバリアーゼロ社会実現キャンペーン「ともに2020」などに提言してもらう「毎日ユニバーサル委員会」の公開シンポジウム「ともに。~私たちにできること」(毎日新聞社主催、東京都文京区共催、日本パラリンピック委員会、日本オリンピック委員会後援)が14日、文京区の文京シビックホールで開催され、約100人が参加した。

 第1部は、東京パラリンピックで活躍が期待される選手らが「パラリンピックが発展させる共生社会」をテーマにトークショー。第2部は、毎日ユニバーサル委員会の第8回座談会がパネル討論形式で行われた。【司会は第1部がフリーアナウンサーの山形祐子さん、第2部が小松浩・毎日新聞主筆、写真は竹内紀臣】

この記事は有料記事です。

残り3449文字(全文3753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです