空襲被害補償、要綱案 超党派議連決定 早期成立へ意欲

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第二次世界大戦の空襲などで被害を受けた民間人らへの補償問題解決を目指す超党派の「空襲議連」(会長=河村建夫元官房長官)が27日、国会内で総会を開いた。特別給付金の認定方法や申請手続きなど事務手続きの詳細を新たに盛り込んだ法案要綱を決め、早期の法案成立を目指すことを確認した。

 空襲や艦砲射撃などで身体障がいやケロイドを負った人や精神疾患となった人らを対象に…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集