メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲11月場所 8日初日 新大関・正代が本格始動 番付発表後初稽古 鶴竜、出場慎重判断

稽古で上半身を鍛える正代

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)に向けて新大関の正代が27日、番付発表後初の稽古(けいこ)を行った。報道陣の電話による取材に応じた正代は「番付(大関の位置)に名前があると、また違った感覚ですね」と気持ちを新たにした。稽古ではバーベルを使って上半身を中心に鍛えたという。

 秋場所後は、故郷の熊本で関係者に大関昇進の報告をするなど多忙な日々を送っていたが、16日からは合同稽古で横綱・白鵬や大関・貴景勝と胸を合…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 新型コロナに無為無策の菅政権 全額国費で「面の検査」「社会的検査」を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです