メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「休業支援金、全従業員に拡大」 立憲が法案提出へ 立案能力示す狙い

衆院本会議で代表質問をする立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2020年10月28日午後1時12分、竹内幹撮影

 立憲民主党は30日にも、新型コロナウイルスの経済対策として、企業から休業手当を支給されない従業員に対する「休業支援金制度」を拡充する法案を国会に提出する。企業規模に関係なく、全従業員に支援対象を広げる。法案提出を通じ、政策立案能力を示す狙いだ。

 政府が7月に始めた現行制度では、中堅・大企業の非正規…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです