特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

首相、任命拒否「多様性が大事と自ら判断」 衆院代表質問

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院本会議で立憲民主党の枝野幸男代表(手前)の代表質問を聞く菅義偉首相(奥右)=国会内で2020年10月28日午後1時41分、竹内幹撮影
衆院本会議で立憲民主党の枝野幸男代表(手前)の代表質問を聞く菅義偉首相(奥右)=国会内で2020年10月28日午後1時41分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は28日、衆院本会議の代表質問で、日本学術会議が推薦した会員候補6人を任命しなかったのは「多様性が大事だということを念頭に私が判断した」と説明した。任命拒否の判断は「変更することは考えていない」と強調した。2050年までの温室効果ガス排出実質ゼロに向け、「原子力を含めてあらゆる選択肢を追求していく」と述べた。

 菅首相にとって首相就任後初めての国会論戦となった。立憲民主党の泉健太政調会長は任命拒否の撤回を求めた上で、拒否の理由をただした。首相は「個々人の任命の理由は答えを差し控える」と詳しい説明を避けた。学術会議の会員構成について「民間出身者や若手が少なく、出身や大学にも偏りが見られる」と問題視する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文729文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集