ローソンが串カツ田中など外食35社とタッグ 新商品開発へ 「専門店の味再現」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ローソンと共同開発した商品を見せる外食企業の経営者ら=東京都港区で2020年10月28日午後2時1分、中津川甫撮影
ローソンと共同開発した商品を見せる外食企業の経営者ら=東京都港区で2020年10月28日午後2時1分、中津川甫撮影

 コンビニ大手のローソンは外食企業35社と協力して開発した商品を順次発売する。「専門店の味をコンビニ商品でも」と味付けにこだわり、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が遠のいたラーメンや洋食などの企業の販路拡大につなげる。

 新商品の監修に協力したのは、ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングス(HD)や、洋食界の草分けとされる東京・日本橋のたいめいけんの他、札幌や博多、尾道のラーメンの地場企業など。各社の専門…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集