メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローソンが串カツ田中など外食35社とタッグ 新商品開発へ 「専門店の味再現」

ローソンと共同開発した商品を見せる外食企業の経営者ら=東京都港区で2020年10月28日午後2時1分、中津川甫撮影

[PR]

 コンビニ大手のローソンは外食企業35社と協力して開発した商品を順次発売する。「専門店の味をコンビニ商品でも」と味付けにこだわり、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が遠のいたラーメンや洋食などの企業の販路拡大につなげる。

 新商品の監修に協力したのは、ラーメンチェーンの幸楽苑ホールディングス(HD)や、洋食界の草分けとされる東京・日本橋のたいめいけんの他、札幌や博多、尾道のラーメンの地場企業など。各社の専門店のソースなども使って味を再現し、11月以降、本格的に売り出す予定だ。

 28日に東京都内で記者会見したローソンの竹増貞信社長は「外食は時にライバルだが、切磋琢磨(せっさたくま)する大事な仲間。再現した味を近くのローソンで食べてみて、次はぜひ店で、となってくれれば」と話した。新商品「野菜カツ丼」のソースを提供する串カツ田中HDの貫啓二社長は「(新型コロナの影響で)『外食は悪』とも言われ、生き残るのは大変だが、戦う気力が出てきた」と話した。

 共同開発した商品は、期間・数量限定で販売する。ローソンはこれらの商品を購入したレシートを共同開発した企業の店に持っていけば、割引券として使える企画も検討する。【中津川甫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです