札幌国際大が争う姿勢 大月隆寛元教授の「解雇不当」訴訟、札幌地裁で初弁論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
札幌地裁=札幌市中央区で
札幌地裁=札幌市中央区で

 札幌国際大(札幌市清田区)を懲戒解雇されたのは不当として元人文学部教授の大月隆寛氏(61)が教授としての地位確認や慰謝料500万円などを大学の運営法人に求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、札幌地裁(高木勝己裁判長)であった。法人側は争う姿勢を示した。

 訴状などによると、大月氏は3月、当時の学長が大…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文301文字)

あわせて読みたい

ニュース特集