特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで異例の長期滞留 外国サーカス団員の瞳に映った日本の生活は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ショーのラストでパフォーマンスを見せるサンタンデルさん(手前右)とデルガドさん(同左)=福岡県飯塚市で2020年10月10日午後2時28分、荒木俊雄撮影
ショーのラストでパフォーマンスを見せるサンタンデルさん(手前右)とデルガドさん(同左)=福岡県飯塚市で2020年10月10日午後2時28分、荒木俊雄撮影

 福岡県飯塚市の飯塚魚市場跡で開催中の「ハッピードリームサーカス」(本部・大阪市)が4月のテント設営以降、新型コロナウイルスの影響による延期や次の公演先の相次ぐキャンセルで、来年2月末までの長期滞在を余儀なくされている。サーカスは通常1カ所で2~3カ月公演し、年間で4会場ほど巡るため、11カ月もの滞留は異例だ。出演者やスタッフら団員の8割は外国人。コロナ禍の日本での生活は、彼らにどう映っているのか。【荒木俊雄】

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1586文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集