メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR誘致で横浜市が描く夢 伏せているデータ 事業者が示した計画は

「横浜で、横浜と共に築く『シティ・オブ・ザ・フューチャー』」を掲げるコンセプトのイメージ図(事業者非公開)=横浜市提供

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す横浜市が、IR事業者らから聞き取ったコンセプト提案の概要を公表した。市民団体が誘致の賛否を問う住民投票や、林文子市長に対するリコール(解職請求)を目指す署名活動を展開する中、市は誘致に向けた手続きを粛々と進めている。市が描くIRの姿とは。【中村紬葵】

市内経済への波及効果は年間7400~9700億円

 市は2019年10月~20年6月、IR事業者らから事業コンセプトや都市デザイン、ギャンブル依存症対策などについて聞き取る「コンセプト提案」を実施した。IRの要件を定める実施方針作成の参考にするためで、国内外の10社が参加した。

 市は今月13日、同意が得られたとして10社のうち8社の社名などを公表。このうち途中辞退した米カジノ大手のラスベガスサンズを除く7社は、ウィン・リゾーツ▽ギャラクシーエンターテインメントジャパン▽ゲンティン・シンガポール▽SHOTOKU▽セガサミーホールディングス▽メルコリゾーツ&エンターテインメント▽山本理顕設計工場だった。

 市は、これらの社が提出した提案の一部をまとめ「インバウンドを含むIRへの訪問者数」は年間延べ2100万~3900万人、「IR区域内での消費額」は年間総額4900億~6900億円とした。さらにIRによる市の増収効果は年間860億~1000億円、市内経済への波及効果は年間7400億~9700億円に上ると試算した。ただ、こうし…

この記事は有料記事です。

残り3038文字(全文3652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです