メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗菌薬使用量 20~30代女性に多い傾向 効かなくなる可能性も 特有の理由とは

抗菌薬のセファロスポリン薬=河内敏康撮影

 薬剤耐性(AMR)をもたらす抗菌薬の使いすぎが世界的に問題になる中、医療機関から抗菌薬を処方される量が、20~30代の若い女性は同じ年齢層の男性と比べて多いとの調査結果を、国立国際医療研究センターがまとめた。若い女性の方が医療機関を受診する機会が多く、抗菌薬の処方に結びつきやすいとみられる。AMRによって30年後には世界で1000万人もの死者が出るとも指摘されるが、専門家は抗菌薬の過剰使用につながらないよう、患者は不必要に求めず、医師も不要な人に処方しないことを求めている。

 調査は、2013~19年の全国の抗菌薬処方量について、厚生労働省の調剤報酬明細書(レセプト)などのデータベースを使って分析した。19年の人口1000人あたりの1日の抗菌薬処方量は、20代は女性が男性より5割、30代は4割も多かった。40~50代も女性の方が多かったが、2割程…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです