メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗菌薬使用量 20~30代女性に多い傾向 効かなくなる可能性も 特有の理由とは

抗菌薬のセファロスポリン薬=河内敏康撮影

 薬剤耐性(AMR)をもたらす抗菌薬の使いすぎが世界的に問題になる中、医療機関から抗菌薬を処方される量が、20~30代の若い女性は同じ年齢層の男性と比べて多いとの調査結果を、国立国際医療研究センターがまとめた。若い女性の方が医療機関を受診する機会が多く、抗菌薬の処方に結びつきやすいとみられる。AMRによって30年後には世界で1000万人もの死者が出るとも指摘されるが、専門家は抗菌薬の過剰使用につながらないよう、患者は不必要に求めず、医師も不要な人に処方しないことを求めている。

 調査は、2013~19年の全国の抗菌薬処方量について、厚生労働省の調剤報酬明細書(レセプト)などのデータベースを使って分析した。19年の人口1000人あたりの1日の抗菌薬処方量は、20代は女性が男性より5割、30代は4割も多かった。40~50代も女性の方が多かったが、2割程…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1261文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです