メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「止まってくれない」脱却へ 横断歩道での停車率低い栃木県警がマイメロとコラボ

 「おねがい止まってとちぎ県」――。信号のない横断歩道での停車率が全国平均を下回り続けていることを受け、栃木県警はサンリオの人気キャラクター「マイメロディ」を「止まってくれない栃木県からの脱却」アンバサダーに委嘱した。期間は11月1日~来年10月31日の1年間。ポスターに起用するなどして、停車率の向上を呼びかける。県警によると、サンリオと警察のコラボは全国初という。

 県は2018年、日本自動車連盟(JAF)が発表した「信号機のない横断歩道における車の一時停止率」で、全国平均(8・6%)を大きく下回る0・9%と全国ワーストを記録した。県警はテレビCMを作るなどして広報活動を強化し、19年は全国29位の13・2%と大幅に上昇。今年も14・2%に改善したが、全国平均の21・3%には届いていない。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです