「止まってくれない」脱却へ 横断歩道での停車率低い栃木県警がマイメロとコラボ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「おねがい止まってとちぎ県」――。信号のない横断歩道での停車率が全国平均を下回り続けていることを受け、栃木県警はサンリオの人気キャラクター「マイメロディ」を「止まってくれない栃木県からの脱却」アンバサダーに委嘱した。期間は11月1日~来年10月31日の1年間。ポスターに起用するなどして、停車率の向上を呼びかける。県警によると、サンリオと警察のコラボは全国初という。

 県は2018年、日本自動車連盟(JAF)が発表した「信号機のない横断歩道における車の一時停止率」で、全国平均(8・6%)を大きく下回る0・9%と全国ワーストを記録した。県警はテレビCMを作るなどして広報活動を強化し、19年は全国29位の13・2%と大幅に上昇。今年も14・2%に改善したが、全国平均の21・3%には届いていない。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集