メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名張毒ぶどう酒事件 弁護団が新証拠提出 「真犯人が偽装工作」

名古屋高地裁合同庁舎=川瀬慎一朗撮影

 三重県名張市で1961年に5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で、奥西勝・元死刑囚の弁護団は28日、ぶどう酒瓶の王冠を覆っていた封かん紙から、製造段階とは違うのりの成分が検出されたとする再鑑定の結果を、第10次再審請求の異議審が行われている名古屋高裁に新証拠として提出した。弁護団は「封かん紙が貼り直されたことが明らかになった。真犯人が偽装工作をした可能性を示している」と主張している。

 封かん紙の裏面9カ所を赤外線で測定。製造時に塗られたのりとは別に、一般家庭で洗濯などに使われていた合成樹脂製のりの成分が8カ所から検出された。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです