メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ「重点医療機関」に2万1405床が指定 進み具合に地域差も 厚労省

(写真はイメージ)=ゲッティ

[PR]

 厚生労働省は28日、新型コロナウイルス感染症患者の入院をまとめて受け入れる「重点医療機関」に全国899病院、2万1405床が指定されたと発表した。現在確保している全国の新型コロナ用病床の80%に上るが、指定の進み具合には地域差も出ている。

 重点医療機関は病院や病棟単位で新型コロナ専用の病床を設ける医療機関だ。流行が始まった当初は多くの医療機関に患者が分散して入院していたが、厚労省は医療資源を効率的に運用するため重点医療機関への集約を促してきた。

 今月21日時点で、重点医療機関の病床数の最多は東京都3129床、最少は岡山県の75床だった。都道府県別に確保病床に占める重点医療機関の割合は、山形、神奈川、福井、山梨、京都、奈良の6府県が100%だった。最も低い岡山県(29%)を含む5県が5割を切った。

 京都府によると、少ない新型コロナ患者でも、スタッフが防護服を着たり、トイレや動線を他の患者と分けたりするなどの対策が必要なため、病棟単位で集約した方が効率的という。重点医療機関に支払われる空床確保料が増額され、「だいぶ経営が助かっているという声を聞いている」と話す。

 また、岡山県は重点医療機関の割合が低く、多数の医療機関に分散して病床を確保しているため「患者が病院にアクセスしやすいメリットがある」とする。一方、「重点医療機関が多い方が入院先の調整をしやすい。ただ、病院が新型コロナ患者を多く受け入れると他の業務を圧迫するので、県の思惑だけでは指定できない」と話す。【原田啓之】

◇各都道府県の重点医療機関の病床数と確保病床数に占める割合(21日現在)

    病床数  重点医療機関の占める割合(%)

北海道  1507   83

青森県   96   51

岩手県  139   37

宮城県  251   73

秋田県   99   45

山形県  216   100

福島県  323   69

茨城県  478   88

栃木県  172   55

群馬県  266   87

埼玉県  1085   90

千葉県  1022   89

東京都  3129   78

神奈川県 1939   100

新潟県  384   84

富山県  405   81

石川県  211   82

福井県  215   100

山梨県  285   100

長野県  330   94

岐阜県  474   76

静岡県  254   66

愛知県  574   67

三重県  285   79

滋賀県  371   86

京都府  530   100

大阪府  1163   85

兵庫県  522   79

奈良県  467   100

和歌山県 300   75

鳥取県  261   83

島根県  216   85

岡山県   75   29

広島県  434   78

山口県  148   35

徳島県  179   90

香川県  180   97

愛媛県  213   93

高知県  134   67

福岡県  306   56

佐賀県  220   80

長崎県  129   33

熊本県  384   96

大分県  258   78

宮崎県  200   81

鹿児島県 145   57

沖縄県  431   98

全国  21405   80

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです