飛鳥京跡苑池の北池の構造明らかに 西岸は石積みの階段状護岸 奈良・明日香村

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
飛鳥京跡苑池の「北池」で確認された階段状の護岸=奈良県明日香村で2020年10月28日午前10時14分、山崎一輝撮影
飛鳥京跡苑池の「北池」で確認された階段状の護岸=奈良県明日香村で2020年10月28日午前10時14分、山崎一輝撮影

 国内初の本格庭園とされる奈良県明日香村の飛鳥京跡苑池(えんち)(7世紀中ごろ)の発掘調査で、南北二つあった池のうち、北池の西岸が全て石積みの階段状護岸だったことが分かった。県立橿原考古学研究所が28日、発表した。既に判明している南池に加え、構造が不明だった北池の規模や平面形などの全容が明らかになり、担当者は「発見から20年かかってようやくメインの二つの池の様子が分かってきた」としている。

 2018年度から北池の構造を明確にする発掘調査を継続。20年度は残っていた北西部の約380平方メートルを掘り下げた結果、18年度の調査で想定された最大で東西約36メートル、南北約52メートルという規模が確定した。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1016文字)

あわせて読みたい

注目の特集