メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パックンの目に映る日本 「核なき世界」の旗掲げ批准しない矛盾 核禁止条約

パトリック・ハーランさん=東京都港区で2020年3月11日、梅村直承撮影

 核兵器を全面禁止する核兵器禁止条約が来年1月に発効することが決まったものの、日本政府は改めて署名・批准しないと表明した。唯一の戦争被爆国として核保有国と非保有国の「橋渡し役」を自任する一方、米国の「核の傘」に依存し核禁条約に背を向ける姿は、日本で暮らす米国人の目にどう映るのか。タレントの「パックン」ことパトリック・ハーランさん(49)に聞いた。

 --核禁条約の発効決定をどう受け止めましたか。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです