パックンの目に映る日本 「核なき世界」の旗掲げ批准しない矛盾 核禁止条約

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パトリック・ハーランさん=東京都港区で2020年3月11日、梅村直承撮影
パトリック・ハーランさん=東京都港区で2020年3月11日、梅村直承撮影

 核兵器を全面禁止する核兵器禁止条約が来年1月に発効することが決まったものの、日本政府は改めて署名・批准しないと表明した。唯一の戦争被爆国として核保有国と非保有国の「橋渡し役」を自任する一方、米国の「核の傘」に依存し核禁条約に背を向ける姿は、日本で暮らす米国人の目にどう映るのか。タレントの「パックン」ことパトリック・ハーランさん(49)に聞いた。

 --核禁条約の発効決定をどう受け止めましたか。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1588文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集