メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

インテルはCL2戦連続ドロー…好機生かせずシャフタールとスコアレス

情報提供:サッカーキング

インテルがシャフタールとドロー [写真]=Anadolu Agency via Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、シャフタールとインテルが対戦した。

 インテルは第1節でボルシアMGと2-2で引き分けてドロー発進。シャフタールは敵地でレアル・マドリードを3-2で撃破する金星で好スタートを切った。両者は8月に行われた昨季のヨーロッパリーグ準決勝で対戦し、インテルが5-0でシャフタールに完勝していた。

 試合はアウェイのインテルが立ち上がりから攻め込む。16分、ロメル・ルカクがDFと体をうまく入れ替えてペナルティエリア左に抜け出したが、シュートはGKに阻まれる。さらに、こぼれ球を拾ったルカクがマイナスに折り返すと、ニコロ・バレッラが右足ボレーシュートを放ったが、これはクロスバーに弾かれた。

 インテルは23分、ラウタロ・マルティネスがエリア右へ抜けてGKもかわしたが、シュートは枠を捉えなかった。42分には、エリア前中央の好位置でFKを得ると、ルカクが強烈なシュート。しかしこれもGKの好セーブとクロスバーに阻まれて得点は生まなかった。

 スコアレスで折り返したインテルは54分、マルセロ・ブロゾヴィッチがエリア右から鋭いシュートを打つが、これはGKのセーブ。ゴール前のマルティネスがこぼれ球に反応して右足で合わせたが、枠を外して絶好の決定機を逃した。

 インテルは試合を通じて11本のシュートを打ったが、シャフタールから得点を奪うことができず、スコアレスのままタイムアップ。インテルは2試合連続ドローで、シャフタールは2試合負けなしとなった。

 次節は11月3日に行われ、シャフタールはホームでボルシアMGと、インテルはアウェイでレアル・マドリードと対戦する。

【スコア】
シャフタール 0-0 インテル

【関連記事】
変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
何人知っていますか? 欧州各地で活躍する“トラオレさん”をご紹介
レアルFWロドリゴ、先輩モドリッチのパスミスいじる「まだピッチに出てないよ」
アンジュヴィオレ広島が存続危機…女子プロリーグ誕生で問う“地域チーム”の価値

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです