メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

南野拓実は今季3度目スタメンも不発…リヴァプール、ジョッタ&サラー弾でCL連勝

情報提供:サッカーキング

決勝ゴールを決めたリヴァプールのジョッタ [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールはホームでミッティランと対戦した。南野は今シーズン公式戦3度目の先発出場で60分までプレーしたが、ノーゴールに終わった。

 2年ぶりの欧州制覇を狙うリヴァプールは第1節でアヤックスに1-0の辛勝。今節は、第1節でアタランタに0-4で敗れたデンマーク王者のミッティランをホームに迎えた。メンバーはモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネら主力がベンチスタートとなり、3トップはディオゴ・ジョッタ、南野、ディヴォック・オリジが入った。

 試合は開始3分、アウェイのミッティランが先にチャンスを作った。ロングボールでアンダース・ドレイヤーが抜け出しペナルティエリア内からシュートを打ったが、これはGKアリソンの好セーブに阻まれた。リヴァプールは14分、トレント・アレクサンダー・アーノルドがピンポイントのクロスを送ると、南野がゴール前に飛び出したが、空振りでシュートを打てず。

 30分、リヴァプールにアクシデントが発生。離脱中のフィルジル・ファン・ダイクの代役を務めていたファビーニョが負傷交代を余儀なくされ、代わりに19歳のリース・ウィリアムズが送り出された。

 リヴァプールは前半アディショナルタイム1分、アレクサンダー・アーノルドが右サイドからピンポイントのアーリークロスを供給。ゴール前に走り込んだ南野が頭で合わせたが、これは枠を捉えなかった。

 スコアレスで折り返したリヴァプールは55分、ついに均衡を破る。アレクサンダー・アーノルドがジェルダン・シャチリとのワンツーでエリア右に抜けて折り返すと、ジョッタが無人のゴールに沈めて先制点を挙げた。

 リードを得たリヴァプールは60分、南野とオリジを下げてマネとサラーを投入。81分にはジョッタに代えてフィルミーノを送り出す。主力3トップがピッチにそろったものの、追加点は遠い。89分には逆にピンチを迎え、ミッティランはドレイヤーがエリア右へ切り込んでループシュートで狙ったが、これは枠を捉えなかった。

 リヴァプールは後半アディショナルタイム1分、サラーが倒されてPKを得ると、自らゴール右に突き刺して試合を決めるゴールを挙げた。リヴァプールはデンマーク王者に苦戦したものの、完封勝利でCL2連勝を飾った。

 次節は11月3日に行われ、リヴァプールはアウェイでアタランタと、ミッティランはホームでアヤックスと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 2-0 ミッティラン

【得点者】
1-0 55分 ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール)
2-0 90+3分 モハメド・サラー(PK/リヴァプール)

【関連記事】
変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
何人知っていますか? 欧州各地で活躍する“トラオレさん”をご紹介
レアルFWロドリゴ、先輩モドリッチのパスミスいじる「まだピッチに出てないよ」
アンジュヴィオレ広島が存続危機…女子プロリーグ誕生で問う“地域チーム”の価値

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです