メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

バルセロナのバルトメウ会長が辞任を発表…前日の続投宣言から一転

情報提供:サッカーキング

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長(写真は昨年7月) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が辞任を発表した。27日、クラブ公式サイトが伝えている。

 バルトメウ氏は27日に会見を開き、その様子をライブ映像で伝えた。スペイン紙『アス』によると会見の冒頭で、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で投票プロセスが複雑になり、現在の状況では取締役会が問責決議を行うことができないため取締役会が辞任を決定したことを明らかにした。

 昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)で歴史的敗退を喫し、変革の必要性が浮き彫りになったバルセロナ。生え抜きの絶対的エースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが退団を申し出たが、バルトメウはこれを認めず結局残留。会長に対するファンの不安は次第に高まり、不信任決議に必要な署名は必要な数を大幅に上回り2万以上を集めた。

 不信任投票を目前に控えた26日の会見では改めて辞任の可能性を否定していた。しかし、カタルーニャ州が新型コロナウイルスのパンデミック下にも関わらず11月1日または2日の投票実施を要請したため、不信任投票を待たずしてついに会長の座を退くことを決めた。

【関連記事】
●ランパード、リュディガーと話し合い…再び構想内へ戻す決定を下したか
●ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
●ジダン監督、ボルシアMGを警戒「非常に厄介なチーム」…起用法に文句のイスコにも言及
●退団報道のユムティティ、新天地を求めるも…アーセナル移籍を否定
●アタランタ主将ゴメス、イリチッチ長期欠場の真実を明かす「コロナ感染でうつ病になっていた」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです