メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

前節黒星のレアル、ボルシアMGと土壇場ドロー…87分から2点差追いつく

情報提供:サッカーキング

後半ATのカゼミーロのゴールで同点に追いついた [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、レアル・マドリードがアウェイでボルシアMGと対戦した。

 レアル・マドリードは序盤から一方的に相手ゴールに迫るも、シュートはなかなか枠を捕えることができない。29分にはトニ・クロースがようやく枠内の無回転ミドルシュートを放つが、守護神ヤン・ゾマーのセーブに阻まれ先制点とはならない。

 対するボルシアMGは33分、アラサン・プレアのクロスは相手DFの股を抜き、左サイドに走りこんでいたマルクス・テュラムのダイレクトシュートはゴール右上に突き刺さった。数少ないチャンスを物にしたボルシアMGが先制に成功し、1点リードで前半を終えた。

 後半もレアル・マドリードの一方的な展開が続くが決定力を欠き1点が遠のく。すると58分、ボルシアMGはプレアがシュートを放つとレアルのGKティボー・クルトワがセーブ。しかし弾いたボールがテュラムの足元に収まると、そのまま押し込まれ追加点が決まった。勢いづいたボルシアMGはその後2度相手ゴールを脅かすがクルトワのビッグセーブなどで追加点とはならない。

 後がなくなったレアル・マドリードだが87分、フェデリコ・バルベルデのクロスは大きくなったもののカゼミーロが渾身のヘディングで折り返すと、最後はカリム・ベンゼマが左足を大きく振り上げたシュートが決まりスコアを1点差とした。

 さらに90+3分、ルカ・モドリッチのクロスをセルヒオ・ラモスが頭でゴール前に折り返すと、詰めていたカゼミーロが合わせて同点弾。

 試合はそのまま終了し、終盤に2点差を追いついたレアル・マドリードがなんとか勝ち点1を手にした。なお、インテルとシャフタール・ドネツクの試合も引き分けたため、シャフタールが勝ち点4で首位、ボルシアMGとインテルが勝ち点2で並び、レアルが勝ち点1で最下位となっている。

【スコア】
ボルシアMG 2-2 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 33分 マルクス・テュラム(ボルシアMG)
2-0 58分 マルクス・テュラム(ボルシアMG)
2-1 87分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
2-2 90+3分 カゼミーロ(レアル・マドリード)

【関連記事】
●バルセロナのバルトメウ会長が辞任を発表…前日の続投宣言から一転
●ランパード、リュディガーと話し合い…再び構想内へ戻す決定を下したか
●ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
●変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
●退団報道のユムティティ、新天地を求めるも…アーセナル移籍を否定

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです