メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ジダン監督、CL未勝利も自信「このようなプレーをしていれば、ノックアウトラウンドに進める」

情報提供:サッカーキング

ボルシアMG戦での内容に自信を示すジダン監督 [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、2-2の引き分けに終わったチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節ボルシアMG戦後にコメントした。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 レアル・マドリードはボルシアMG戦で前半を1-0の1点ビハインドで終えると、後半にはさらに1失点。それでも87分にフランス人FWカリム・ベンゼマのゴールで1点差に詰め寄ると、90+3分にブラジル代表MFカゼミーロのゴールでなんとか追いつき勝ち点1を手にした。

 前節はシャフタール・ドネツクに2-3で敗れ、今節も勝ち点を落としたレアル・マドリードだが、ジダン監督はボルシアMG戦のポジティブな部分を強調した。試合後、「この結果はこのチームの特徴を示している」と述べた同監督。「我々は引き分けに値したし、それ以上だと思う。リアクションは気に入っているし重要なポイントだよ」と続けた。

「我々は試合を通して良いプレーをしたが、勝てなかったということは何かが欠けていたのも事実。我々はプランを信じているし、引き分けに値するよ」

「良い試合がたくさんあったし、簡単な試合はない。我々はこのようなプレーをして良いことをしていけば、ノックアウトラウンドに進むだろうね」

 また、ジダン監督は試合を難しくしている要因として疲労について触れ、「私たちは疲労を管理しようとしている。それは止めることはできないし多くを消耗してきた」とコメント。「誰にとっても難しい1年になるだろう。しかし、今日自分たちがしたことをとても誇りに思わなければならない」と加え、改めてドローに終わったボルシアMG戦をポジティブに振り返った。

【関連記事】
●バルセロナのバルトメウ会長が辞任を発表…前日の続投宣言から一転
●「誰がメッシの残留を保証した?」…バルトメウ氏、ここまで辞めなかった理由とは
●ランパード、リュディガーと話し合い…再び構想内へ戻す決定を下したか
●ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
●変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです