メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

リヴァプールにさらなる痛手…ファビーニョが負傷交代、クロップ監督も嘆く

情報提供:サッカーキング

リヴァプールに所属するファビーニョ [写真]=Getty Images
 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、ブラジル代表MFファビーニョが負傷したことを嘆いた。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 ファビーニョは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のミッティラン戦に先発出場したが、ハムストリングを痛め30分に交代を強いられた。

 クロップ監督は試合後、「最後に必要としていたものだった。ハムストリングに違和感を感じたようで、それはいいことではない。彼はプレーを続けることができるけど、スプリントはできないと言っていた。見ていくしかない。検査が終わったらもっとよくわかるだろうが、明らかに良さそうではない」とファビーニョが離脱することを嘆いた。

 リヴァプールではオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが右ひざの靭帯を損傷し、長期離脱。カメルーン代表DFジョエル・マティプは筋肉系のケガを抱え、代役としてCBで起用されていたファビーニョも負傷したことで、トップチームのCBでプレーする選手はイングランド代表DFジョー・ゴメスのみとなった。

 31日に行われるプレミアリーグ第7節のウェストハム戦でマティプが起用できるかについてクロップ監督は、「わからない。これがシーズン最後の1試合とかだったらプレーさせるかもしれない。だが、我々は3日おきに試合がある。選手たちには適切なビルドアップが必要だ」と語った。

 また、離脱している選手たちが起用できなかった場合には、ミッティラン戦でファビーニョに代わって出場した19歳のU-21イングランド代表DFリース・ウィリアムズや23歳のイングランド人DFナサニエル・フィリップスらが代役候補になることをクロップ監督は明かしている。

「我々には非常に若くて、経験の浅い選手たちが代役としている。そして現時点ではその中の一人を選ばないといけないと思っている。でも、リースは本当にいいプレーをしたね」

【関連記事】
●南野拓実は今季3度目スタメンも不発…リヴァプール、ジョッタ&サラー弾でCL連勝
●リヴァプールが新練習場の内部公開!…『AXA』が命名権獲得、11月中頃から使用開始予定
●ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
●変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
●アタランタ主将ゴメス、イリチッチ長期欠場の真実を明かす「コロナ感染でうつ病になっていた」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです