メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ランパード監督、リュディガーの構想入りを明言「話し合いをした」

情報提供:サッカーキング

チェルシーに所属するリュディガー [写真]=Getty Images
 チェルシーを率いるフランク・ランパード監督が、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーを起用する可能性があることを明かした。28日、クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 昨季までチェルシーではCBの中心選手だったリュディガーは昨季ケガの影響もありながら公式戦28試合に出場した。しかし、今夏にブラジル代表DFチアゴ・シウヴァが加入した影響もあり序列は低下。今シーズンはプレミアリーグ開幕節のブライトン戦はベンチ入りしたが、それ以降はベンチメンバーからも外れ、20日のセビージャ戦と24日のマンチェスター・U戦ではベンチメンバーに復帰したものの、いまだ公式戦出場はゼロとなっている。

 しかし、一部報道でランパード監督が構想外状態となっていたリュディガーと話し合いを行い、今後チャンスを与える方針になったことが伝えられた。これを受け、28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のクラスノダール戦の前日会見に臨んだランパード監督は、「アントニオと話し合いはした」と報道が事実であることを認めた。

「彼とは常にポジティブな関係性を築いてきた。私はすべてこのクラブ、チームのための選択をしている。メンバーから外さなければならない選手たちもいるし、それは誰にとってもビッグニュースだ。彼とはポジティブな関係であり、彼はメンバーに入っていて、プレーするために争っている」

 なお、チェルシーは直近2試合連続でフル出場していた36歳のT・シウヴァの疲労を考慮し、クラスノダール戦の遠征メンバーから外している。これにより、代役としてリュディガーが同試合で今シーズン初出場をする可能性があるようだ。

【関連記事】
●検査結果は変わらず…C・ロナウド、CLバルセロナ戦欠場が決定
●リヴァプールにさらなる痛手…ファビーニョが負傷交代、クロップ監督も嘆く
●“第2のハーランド”は誰!? スペイン紙が選出するCL要注目のヤングタレントたち
●変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
●何人知っていますか? 欧州各地で活躍する“トラオレさん”をご紹介

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです