メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

C大阪のDF庄司朋乃也、長崎に期限付き移籍「チームの力になれるよう…」

情報提供:サッカーキング

庄司朋乃也が長崎に期限付き移籍 [写真]=Getty Images
 V・ファーレン長崎は28日、セレッソ大阪からDF庄司朋乃也を期限付き移籍で獲得したと発表した。移籍期間は2020年10月28日から2021年1月31日までとなる。

 庄司は群馬県出身の現在23歳。2016年にセレッソ大阪U-18からトップチームに昇格し、2017年3月のJリーグYBCルヴァンカップの横浜F・マリノス戦でトップチームデビューを果たした。

 2017年と2018年はツエーゲン金沢へ、2019年は大分トリニータへと期限付き移籍。復帰した今シーズンは、明治安田生命J1リーグの1試合とルヴァンカップの2試合に出場していた。

 日本代表の各アンダーカテゴリーでのプレー経験もある庄司は、長崎のクラブ公式HPを通じてコメント。「残りの試合でチームの力になれるよう全力で頑張ります。よろしくお願いいたします」と意気込みを語った。

【関連記事】
●バスケス・バイロンが母国チリからいわきFCへと復帰! 「沢山のことを学んだ」
●「誰がメッシの残留を保証した?」…バルトメウ氏、ここまで辞めなかった理由とは
●ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
●変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
●アタランタ主将ゴメス、イリチッチ長期欠場の真実を明かす「コロナ感染でうつ病になっていた」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  2. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  3. 東京オリンピックのモニュメント再設置 整備終え、5色のマーク到着 東京・お台場

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです