メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

肉体改造のバイエルンMFゴレツカ、CLで得点後にユニが裂ける

情報提供:サッカーキング

肉体改造を行なったゴレツカ [写真]=FC Bayern via Getty Images
 バイエルンに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカの筋肉が、再び脚光を浴びている。

 ゴレツカは27日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節ロコモティフ・モスクワに先発出場。13分、バンジャマン・パヴァールのクロスに頭で合わせて先制点を挙げると、ゴールパフォーマンスでパヴァールとハグを交わした。この際、ゴレツカのユニフォームの左腕部分が縫い目に沿って裂けてしまい、現地でも話題を呼んでいる。

 アメリカメディア『Bleacher Report』は、「ゴレツカのシャツが破れるのは時間の問題だった」とキャプションを添えて紹介。大手メディア『ESPN』は、「So ripped that he ripped his shirt(自らのシャツを裂いてしまうくらい、彼はマッチョだ)」とジョークも交えて同選手のボディを称えた。

 ゴレツカは2018年夏にシャルケからバイエルンに加入して以降、度重なる負傷に悩まされてきた。そんな同選手は、新型コロナウイルスの感染拡大によるリーグ中断を機に、理学療法士のサポートを受けながら筋肉量を増やすためのトレーニングを実行していた。

 その成果もあって、同選手の上半身は驚くべき変貌を遂げた。肉体改造はピッチ上でのパフォーマンスにも好影響を与え、リーグ再開後以降はここまでブンデスリーガとチャンピオンズリーグの全試合に出場。ハンジ・フリック監督からの信頼を確固たるものにしている。

【関連記事】
●王者バイエルン、キミッヒの技あり決勝弾でCL2連勝…敵地でロコモティフに競り勝つ
●「誰がメッシの残留を保証した?」…バルトメウ氏、ここまで辞めなかった理由とは
●ランパード監督、リュディガーの構想入りを明言「話し合いをした」
●検査結果は変わらず…C・ロナウド、CLバルセロナ戦欠場が決定
●リヴァプールにさらなる痛手…ファビーニョが負傷交代、クロップ監督も嘆く

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです