メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

GKピックフォード、ボディガード雇う…ファン・ダイクのケガ理由に殺害の脅迫状

情報提供:サッカーキング

ファン・ダイクへのタックルが物議を醸したピックフォード [写真]=Getty Images
 エヴァートンに所属するイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが、自身と家族を警護するボディガードを雇った模様だ。27日、イギリス紙『デイリー・メール』が報じた。

 16日に行われたプレミアリーグ第5節リヴァプール戦に先発したピックフォードは、同試合の序盤にセットプレーの場面でオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクと交錯。ファン・ダイクは右ひざ前十字じん帯を損傷する大けがを負ったものの、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたこともあり、ファウルの判定やピックフォードへの処分は下されなかった。

 結局“マージーサイド・ダービー”が2-2の引き分けに終わると、試合後にはライバルのリヴァプールサポーターを中心にピックフォードへの非難が殺到。同試合の終盤に退場処分となったエヴァートンのFWリチャーリソンとともに批判の対象となり、中にはSNS上で過激な内容を投稿する者も現れたため、地元警察も先週から捜査を進めている。

 そんななか、ピックフォードは自身と家族の身の安全を確保するために、先週からボディガードを雇ったようだ。『メール』紙によると、同選手の元には殺害予告なども寄せられている模様、関係者は同紙に対し、「彼は試合後から受け取っている非難の声にショックを受けている。彼は家族の安全のために、どんなことでもすると決断した」と語っている。

【関連記事】
●「誰がメッシの残留を保証した?」…バルトメウ氏、ここまで辞めなかった理由とは
●ケイン&ソン・フンミン、コンビでの通算得点数がプレミア歴代2位に
●変則日程の2020年、欧州5大リーグで最も得点を奪っている選手は?
●アタランタ主将ゴメス、イリチッチ長期欠場の真実を明かす「コロナ感染でうつ病になっていた」
●肉体改造のバイエルンMFゴレツカ、CLで得点後にユニが裂ける

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです