メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

李元大統領、実刑確定 懲役17年、収監へ 韓国最高裁判決

李明博被告=共同

 韓国最高裁は29日、大統領在職中にサムスン電子などから巨額の賄賂を受け取ったとして、特定犯罪加重処罰法上の収賄罪などに問われた元大統領、李明博被告(78)の上告審判決で、懲役17年、罰金130億ウォン(約12億円)などとした2審判決を支持し、李被告と検察の双方の上告を棄却した。実刑が確定した。

 李被告は保釈されており、判決公判には出廷しなかった。近く収監される。

 李被告は2008~13年に大統領を務めた。これまで韓国では、大統領経験者のうち全斗煥、盧泰愚、朴槿恵の3氏が退任や罷免の後に刑事事件で起訴され、実刑判決が確定している。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  2. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  3. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  4. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  5. ホンダ11年ぶり決勝進出 タイブレークで佐藤が満塁弾 セガサミー降す 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです