メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FASHION・EYE

2021年春夏海外コレクション ポジティブを世界中に

シャネル(ⒸAntoni Ruiz Arag〓/ Estrop)

 2021春夏の新作を披露するコレクションが、ファッション4大都市と称されるニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリにてそれぞれ開催された。世界中が新型コロナウイルスによる危機に陥り終息が見えない中、コレクションも変化を余儀なくされている。渡航制限や「密」の回避のため、今季は参加ブランド全てがデジタルでも新作情報を発表。半年前までは招待状なしでは入場できない閉鎖的な催しであったはずのショーが、一気に世界中の誰もがネットで視聴可能に。ファッション史に残る画期的な節目のシーズンとなった。(資生堂ファッションディレクター・呉佳子)

 今季の制作期間は、店舗や工場の休業によるビジネスの停滞に加え、外出制限や他人との接触回避によって日常が様変わりした。抑圧された生活への反応として表れたのは、思いのほか前向きかつ創造力に富んだ方向性だ。

この記事は有料記事です。

残り1914文字(全文2278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです