メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
花谷寿人の体温計

格差と分断と「自助」

 健康保険料が払えず、無保険状態になって病院に行けない。体調が悪くても我慢し、いよいよ耐えられなくなってから救急車で搬送されたが、亡くなった――。

 全日本民主医療機関連合会(民医連)が8月にまとめた報告書にこうある。昨年1年間に経済的な事情で治療が受けられず、手遅れになって死亡した例は全国で少なくとも51件に上った。

 初めて50件を超えたのは2010年。以降も50~70件台で推移している。氷山の一角であろう。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです