メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超

「大礼服」実は日本製? 明治天皇の皇后が着用 修復過程で判明

修理工房で進められたトレーンの傷んだ絹地や刺しゅうの修理=京都市中京区で9月10日

 明治天皇の皇后・昭憲(しょうけん)皇太后(1849~1914年)が国の大事な行事で着用していた洋式の宮廷服「大礼服」を修復・復元するプロジェクトが進められている。欧州で仕立てられたと考えられていたが、修復作業の過程で国産の可能性が高いことが判明。皇太后の思いが反映されていると専門家は見る。12月6日まで明治神宮ミュージアム(東京都渋谷区)で展示される。

 大礼服は、各国の外交官もそろう新年の祝賀式などで着用する最も格式の高い礼服。近代化を急ぐ明治政府が仕様を規定し、太平洋戦争終結まで使われていた。昭憲皇太后は1887(明治20)年の新年に、ドイツ・ベルリンに注文したものを初めて着用したとされ、現在は3着が残る。

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです