連載

村井幸子の変じゃありません?

毎日新聞デジタルの「村井幸子の変じゃありません?」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

村井幸子の変じゃありません?

政治から国語が消えた /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 テレビドラマ「半沢直樹」が終わって寂しい。 一介のサラリーマンだった半沢が正義感という栄養を糧に成長し、終盤、泣く子も黙る政権与党幹部に叩きつける啖呵の数々。

 その半沢に、どれだけの人々が鬱積を晴らし、束の間の精神浄化作用を味わったことだろう。

 そう思っているところへ、高嶋進さんから『死の隧道(ずいどう)をゆく』という本が送られてきた。自身を投影した主人公の旅路を描いた連作で、この本で10冊目。

 高嶋さんはあとがきで『ペスト』のアルベール・カミュを引いてこう書く。

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文956文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集