メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白川郷学園生、カヤ刈り挑戦 /岐阜

「村民学」の一環でカヤ刈りをする児童、生徒たち=岐阜県白川村飯島の「吉原谷の茅場」で

 白川村鳩谷の義務教育学校「白川郷学園」の6年生から9年生(中学3年生)の児童、生徒たち50人が26日、同村飯島の「吉原谷の茅場(かやば)」(約2.2ヘクタール)で、合掌造り民家の屋根のふき替えに使うカヤの刈り取り作業をした。

 同校で指導する「村民学」の一環で実施。郷土の文化遺産を守るためには、粘り強く大変な作業が必要なことを学び、地域の人と互いに助け合う「結いの精神」にも触れ…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

  3. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  4. クマをドローンでくまなく捜索 出没相次ぎ自治体が対策 追い払う成果も 石川

  5. 小牧市が人権擁護条例案、コロナ感染者中傷禁じる 12月議会提出へ 愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです