巧みな言葉、だまされないで 特殊詐欺被害額、昨年を上回る 1~9月、2億4000万円 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
防犯電話の購入費助成を周知する西和署員=奈良県上牧町のラスパ西大和店で、林みづき撮影
防犯電話の購入費助成を周知する西和署員=奈良県上牧町のラスパ西大和店で、林みづき撮影

 県警は2020年1~9月の特殊詐欺の認知状況(暫定値)を発表した。認知件数は139件(19年同期比17件増)、被害総額は約2億4000万円で、19年1年間の約2億3840万円を上回っている。被害者の大半は65歳以上の高齢者といい、県警は被害防止の対策を進めるとともに、巧みな言葉にだまされることがないよう注意を呼びかけている。【小宅洋介、林みづき】

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1304文字)

あわせて読みたい

注目の特集