メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま釣り情報

紀中 ブリ、メジロ連日爆釣=宇井晋介 /和歌山

紀南 イサキ、アカハタ、クエ

 新型コロナウイルスの影響で、県をまたいでの修学旅行の多くが取りやめになった中、紀北・紀中の学校が紀南に押し寄せている。先日も中学生たちが、串本の海で珍魚釣り体験を楽しんだ。1時間ほどでも15種以上の魚が釣れ、自粛続きで野外活動ができなかったであろう子どもたちにも笑顔があふれていた。

 【紀北】サビキで唐揚げサイズの小アジが1人50匹前後(マリーナシティ釣り公園073・448・0020)。タイラバでマダイのほかシロアマダイ、ホウボウ、アオハタ(釣り船海竜090・5974・1716)。魚種多し。チヌ25センチ、サゴシ53センチ、スズキ68センチ、ハマチ40~50センチ、ヒラメ37~44・5センチ、グレ30センチ、アイゴ28~35センチ、マアジ、マルアジ、ウマヅラハギ、ガシラ、ヒラ…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです