メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下関で海峡の裏町文化塾 詐欺や公文書かいざん、そんたく… 「幕末の騙り」面白おかしく /山口

「幕末の騙り」の題で講演する古城館長

市立歴史博物館長が講演

 あまり知られていない地元の歴史や文化について語り合う「海峡の裏町文化塾」が、下関市中之町の亀山八幡宮儀式殿で開かれた。市立歴史博物館の古城春樹館長が「幕末の騙(かた)り」と題して講演し、約40人が聴き入った。【反田昌平】

 古城館長は、開国と攘夷(じょうい)で揺れる幕末、福原〓之助(りんのすけ)と名乗る男が幕府から派遣されたと告げて、長府藩士に西洋の兵学や医学を教授すると申し出た事実を紹介。男は徳山藩や九州の中津藩などでも大小銃の撃ち方やイオジウム(ヨウ素)の製造法などを伝授し、荒稼ぎしていた。し…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです