JR四国 鉄道運輸収入64%減 上半期速報値 コロナ影響114億円 ダイヤ改正で減便へ /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「コロナによる最終的な影響は見通せない」と強調するJR四国の西牧社長=高松市で、西本紗保美撮影
「コロナによる最終的な影響は見通せない」と強調するJR四国の西牧社長=高松市で、西本紗保美撮影

 JR四国は28日、2020年度上半期の鉄道運輸収入(速報値)が、前年同期比64・0%減の71億2500万円だったと発表した。新型コロナウイルスの影響額は114億円に及ぶといい、現在運休している普通列車6本などについて、ダイヤ改正で減便を検討する方針を示した。【西本紗保美】

 9月の鉄道運輸収入(速報値)は、前年同月比55・4%減の17億4300万円。最も新型コロナの影響が大きかった4~5月からは回復しているものの、4~9月の上半期累計では前年同期からおよそ127億…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集