メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ自費検査一覧化 費用や手法、比較可能 厚労省、HPで年内公開

 個人の希望で新型コロナウイルスの感染を調べるPCRなどの自費検査について、厚生労働省は28日、民間検査機関の検査手法や費用などを調査して一覧化し、年内にホームページ(HP)に公開すると発表した。検査の費用やサービスの質にばらつきがあるとの指摘もあり、利用者がサービス内容を比較しやすくするのが狙い。同日開かれた専門家組織「アドバイザリーボード」に提案し、了承された。

 厚労省は11月上旬、調査項目を公表し、検査機関に調査への協力を呼びかける。項目には、検査費用や検査手法、医師の診断の有無や、陽性の場合に診察を受けられる提携医療機関の有無、検査の精度管理を実施しているかなどが盛り込まれる見込み。厚労省がHPに掲載する検査機関は、情報が虚偽ではないことを約束した機関に限るとしている。検査機関が虚偽の報告をした場合、HPから削除することも検討する。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです