メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

医療守れ、沖縄モデル コロナ、他県から応援

新型コロナウイルス感染症対策本部で対応に追われる沖縄県の職員ら=那覇市の県庁で8月26日、竹内望撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くと、医師ら医療従事者が少なく、病院の体制も脆弱(ぜいじゃく)な地方では、医療崩壊の危機につながる。今夏に医療体制が逼迫(ひっぱく)した沖縄県には、他県から看護師が派遣されるなど都道府県の枠を超えた支援が広がった。冬の感染拡大に備え、地方をどう守っていくのか。沖縄県への支援は新たなモデルケースになる可能性がある。

 沖縄県庁4階の講堂に設置された新型コロナウイルス対策本部では8月下旬、県の職員にまじって厚生労働省の職員や災害派遣された自衛隊員ら計約70人が感染者の入院調整や発生したクラスター(感染者集団)への対応などにあたっていた。壁際のボードには新規感染者の情報、大型のスクリーンには各病院の入院者や空き病床の状況が表示され、職員が電話で情報収集し、対応を協議していた。現在は県職員と医療関係者の約40人態勢…

この記事は有料記事です。

残り2732文字(全文3106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです